ゆるく働き、雑に家事をこなす。

ゆるく働きながら3人子育て中の母です。生真面目な娘と自由な双子と生真面目な夫と雑な母の5人で暮らしています。

【双子妊娠出産】私が管理入院に。超人見知りの2歳児の上の子はどうしたか。

一卵性双生児の妊娠・出産で一番大変だったな~と思うこと。

それは管理入院

 

結果として私は産後の入院も含めてちょうど1か月入院しました。
管理入院が1か月で済んだのは幸運だったなぁと思いますが
それでもほんとーーうに大変な1か月でした。


双子を妊娠していますと病院でいわれ、
双子出産経験者のブログを読み漁って一番不安に感じていたことは
「私が管理入院することになったら、あかはどうしたらいいんだろう」
でした。

 

 

管理入院って?

 


管理入院について簡単に説明すると、
切迫早産にならないために先に病院に入院して妊娠を「管理」することです。
どういう状態になれば入院になるかは病院やお医者さんによって考え方が変わると思いますが、
私の場合は「子宮頸管の長さ」と「お腹の張り」でした。


子宮頸管は通常40㎜あるといわれていて、それが25㎜以下になると入院と言われていました。

 


私がとにかく考えていたのはこの2点。

・管理入院になるべくならないようにするにはどうしたらいいか


・管理入院になってしまったらどうするか

 

管理入院にならないために私がしていたこと

 

とにかく安静にする
寝転がる・最低限しか動かない

仕事は幸いデスクワークだったのでずっと椅子に座っていられましたがそれでも大きなおなかで通勤するのは大変だったし、
座っているだけでお腹が張ることもありました。


あかは当時2歳で保育園に通っていたのでその送り迎えしてささっと家事をしたら
あとはソファーに常に横になっていました。

それしかできることはありません。


産休に入ったらもうあかの送り迎え以外はずっと横になっていました。
あかと遊ぶ時もゴロンと横になった状態で、動くときは少しずつ。
なるべく歩かない。家事しない。笑

 

私がちょうどごろごろしていた時期にモデルの東原亜紀さんも双子を妊娠していて私より先の週数だったので東原亜紀さんのブログをめっちや読んでました。

東原さんは二卵性だったこともあるのか、管理入院なし、自然分娩で出産したので「すごい…こんなに動いてるのになぜ…?!」と思ってました。笑

こればっかりは人それぞれな所も大きいですね。

 


管理入院になってしまったらどうするか

 妊娠したことが分かった時点で考えておいた方がいいですね。

早い人は本当に早くから入院になってしまうので。

 

上の子がいる場合は見てくれる人を確保する

 

我が家では2歳児のあかをどうするかすごく悩みました。


うちは幸運なことに
・平日は保育園に通える
・私の両親が駅2つ離れたところに住んでいる


という状況だったので、平日の日中は保育園にお願いして土日は夫が。
そして平日の夜は両親が見るということになりました。
(夫は残業が多かったので平日夜に保育園お迎えが難しかったため)

 

預けるおじいちゃんおばあちゃんに娘が懐いていない問題。

 

こんな恵まれた状態ですが、一つ問題がありました。
それは。。
あかがおじいちゃんおばあちゃんに懐いていない

ということでした…><


今はじじばば大好きっ子ですが、当時は人見知りがまーー激しくて
実家に連れて行っても一言も話さない…笑顔も見せない…という状態。


さらにママ依存。パパと二人でおでかけ?ありえない!という状態でした。

そんなあかが平日両親の家で過ごすなんてできるんだろうか?
偏食なのにご飯ちゃんと食べるかな。。
夜寝るとき泣かないかな。。
もう心配すぎて「双子妊娠して、ごめんね…」とあかに対してずっと思っていました。
(あおとりょく、ゴメン><)

 

管理入院前にやったこと

上の子のケア

娘には「ママは動くと赤ちゃんが出てきちゃうかもしれないからあまり動けないし抱っこもできないんだよ」

と伝えていました。

管理入院のことはあまり早い段階から娘に伝えてしまうと不安にさせてしまうと思ったのでいよいよ…と言う段階で伝えました。

・ママはしばらく病院で寝ないといけない

・その間娘は祖父母の家で過ごすこと

・お休みの日はパパと過ごすこと

・赤ちゃんが無事に産まれたらまた一緒に暮らせること

当事2歳半だった娘ですが、ちゃんと理解していて「ママ病院行くの嫌だ!寂しいよー!」とかなり泣きました。。涙

 

祖父母のケア

私が居ない状態で娘のお世話はほぼしたことがない両親だったので(熱を出したときに御世話になってるくらい)娘対策マニュアルを作成しました。

・保育園のこと(入退室の方法、先生について、持ち物についてなど)

・娘の食べるもの(偏食だったので…)

・寝かしつけの方法(何時くらいにトントンして寝かせている…など)

・娘の好きなもの(アニメやおもちゃ、遊びなど)

・生活の注意(お昼寝の時間など)

保育園には一度両親に来てもらって先生に挨拶と一連の流れを教えておきました。

 

実際どうだったか?

 

そして実際入院になってからですが、
最初はあかも祖父母との生活に慣れなくて、泣いてばかりだったそうです。


ご飯も食べないし、夜も泣いて泣いて泣き疲れて寝る…みたいな毎日で
両親も苦労したと思います><


でも子どもの適応能力はやっぱりすごくて、両親の家だとアニメ見放題だし、
保育園の帰りにじじにお菓子を買ってもらうのが定番になったそうでそういう楽しみをみつけると慣れていったそうです。

保育園では普通に過ごせていたみたいです。

 

面会はパパ担当の時は毎回来てくれました。

最初は「ママ寂しいよー;;」と泣いてばかりだったので別れてから私も涙…

みたいな感じでしたが、

だんだんと「もう帰りたい…」とか言うようになって、え、まだ30分も会ってないのに…(ママが寂しい…)という日も増えてきました。

多分あかなりの防衛反応というか、自分を守る行為だったのかなと思います。

 

そしてこの時にすごく変化したのがあかとパパの関係。
それまでは「パパも好きだけどママが一番!」という感じだったけど、私が入院中に二人の絆がかなり深まり
No1の座はパパになりました。(そして今でも勝てません…^^)

 

最初は寂しかったけど結果的にパパと娘の絆が深まったのは良かったなーと思っています。

双子が産まれてからはどうしてもママは赤ちゃんのお世話しないといけないので前のようにかまってあげられません。

なので娘にとってパパが心のよりどころになってくれると私としてはすごく心強かったです。

 

 

 

管理入院が心配なママへ

 


上の子がいて管理入院になってしまうママは本当に心配だと思います。

 

あかにはすごく無理をさせてしまったし、悲しくて寂しい経験をさせてしまったけど
なんとかなりました。
子どもって本当に成長するし、環境への適応能力も高いです。


こんな感じで我が家の場合を書きました。
管理入院についてはママ編はこちら。

kiidiary.hatenadiary.jp