ゆるく働き、雑に家事をこなす。

ゆるく働きながら3人子育て中の母です。生真面目な娘と自由な双子と生真面目な夫と雑な母の5人で暮らしています。

私が大人になってから二重まぶたを自力で作った方法。道具無し、いつでもできる。

10年前、二重まぶたを自力で作りました。

 

 


私の目は現在二重でしたが大人になるまでずっと一重でした。
私の母は奥二重で父は二重で姉はぱっちり二重なのに、なぜか私だけ一重…

 

高校生までは一重で過ごしていましたが大学生になるにあたりアイプチデビューしました!
二重になると目がびっくりするくらいぱっちり。

 

私はまぶたが薄いタイプなのでアイプチが使いやすいタイプだったのかアイプチで二重にしていると
言わないと他の人には気づかれませんでした。

 

アイプチは私にとってなくてはならない存在でした。
もし取れてしまった時用に持ち歩く用のものと2本常備。


しかしそんな日々を送っていた私ですがある時気づきました。

「アイプチを一生続けるの?」

とはいえ整形はしたくない。
どうにか自力で二重に慣れないものか。

 

そしていろいろ試しました。

だんだんアイプチをとっても二重が続く時間が増えていき、
ついに寝ても二重がキープできるようになりました。

 

1年くらいかけて作りました。
できてから現在まで何もしていないけど二重をキープできています。(浮腫んだときに片目だけ戻ることが
あるくらい)


二重になりやすいまぶたとなりづらいまぶた

 


アイプチして癖がつきやすい人や、疲れた時に二重になる人などは自力で二重が作りやすいようです。


アイプチしても全く跡がつかなかったり厚ぼったいタイプの方は難しいか時間がかかるかもしれません。


さぁ、本題です。私が自力で二重を作った方法。

 

※注意
私が二重になった方法を紹介するだけで必ず二重になれるとは限りません。

自力で二重になりたい!と思って色々と検索したり調べたりして出した仮設は


二重というのはシワのようなものだからとにかく二重のくせをつけ続ければ定着するのではないか、ということでした。

 

ステップ1 うっすらでもラインを作る

 

まずは自分の二重になりやすいラインを見極めることが大切。


無理なくアイプチできるラインとか不意に二重になるときのラインが作りやすいラインになると思います。

 

そのラインを折り込むように指で癖付けをします。
あとは100回くらいさすってくせをつけてみたり
アイプチをしたまま寝てみたり、
(目に負担がかからない様に優しくやってね)
とにかくラインを作ることを目標にやっていました。

 

そんな感じで少しずつうっすらでもラインがついてきたら下記のトレーニングで定着させます。

 

ステップ2 ラインを定着させる

 

 

目のむくみを取るマッサージをする


目と眉の間にある骨の部分に指を4本沿ってあてて、ゆっくり外にむくみを追い出すようにマッサージします。


擦るのではなくてツボを押すような感じでゆっくり行います。
強く押しすぎると目によくないので優しく行ってください。


まぶたのトレーニング

 

眉毛を上にあげた状態(びっくりした顔の状態)で目で上を見ます。
そしてまばたきをします。
それを疲れるくらいやります。(適当でごめんなさい)


この二つは疲れた時や目が腫れた時などに目が一重に戻った時にやると二重に戻ります。

 

基本はこの二つを上のくせ付けと並行して行います。


そのうち寝て起きても二重のままだったりすることが増えてきます。
そうするともう一息!

 

最初の内はステップ1を重点的にやってラインがついてきたらステップ2を重点的にやるのが
おすすめです。

 

自力で二重になってよかったこと

 

 

すっぴんに自信がもてる
メイク時間が短くて済む
整形ではないので罪悪感がない(なんなら、大人になったら自然に二重になったよ~と言ってます。笑)


今子育て中なのでものすごく実感していますが、
子どもを産むと本当~~~に自分にかけられる時間は無くなります。
そしてすっぴんで過ごす時間が増えるので子どもを産む前に二重にしておいてよかった…
と思っています。

 

もちろん、一重まぶたが似合ってる方を見ると「素敵だな~」と思います。
みんな二重にした方がいい!とは全く思っていないです。


あと、整形を否定しているわけでもありません。
私はやらないだけで、やった人に対して悪い感情があるということではないです。

 

要は「自分が好きな自分」でいられればそれでOKだと思います^^

 


そんな感じで「急にどうした?」というに内容ですが。笑
若い時こんなことで悩んでたな~と思いだしたので記事にしてみました。

私のように「一重の自分が好きではない」人とか「二重の自分の方が自信が持てる」人は
よかったらご参考ください^^

 

 

☆自分のすっぴんを好きになりたいなら肌断食がおすすめです。

kiidiary.hatenadiary.jp